エリア予選動画配信開始!

2022.5.9

エリア予選動画配信開始!うまさの未来へ、羽ばたけ。

世界に通用する次世代スター料理人を発掘する「ザ・プレミアム・モルツ presents CHEF-1グランプリ2022」。 日本全国47都道府県の「チャンスをつかみたい!」「夢を叶えたい!」という情熱を持った若き料理人たちがNo.1の称号を目指します!(今夏に全国ネットで放送予定)
(※参加資格:年齢40歳未満(1982年8月1日以降生まれ)、プロアマ料理ジャンルは問いません)

総エントリー数461。そのなかから都道府県代表に選ばれた95名の料理人たちが、エリア予選(2次選考)で戦った様子をいよいよTVerで配信開始!!
エリア予選は、全国を「北海道・東北」「関東・甲信越」「東海・北陸」「近畿」「中国・四国」「九州・沖縄」の6エリアに分け、エリア内の各都道府県代表シェフ15~20名が、地元の会場で戦いました。
エリア予選からは実際の調理と試食審査が始まります。料理を審査するのは、料理学校の先生、地元の有名シェフ、地元のグルメ雑誌編集者など、各エリアの料理関係者たち。
料理人たちが調理するのは、都道府県予選(1次選考)で出された課題
「地元の食材を使ったあなただからこそできる料理」
一人一人がオリジナリティ重視で考え抜いた料理とあって、完成した一皿は、見た目にも鮮やかなものから、工夫を凝らしたもの、シンプルでありながら審査員を唸らせるものなどさまざま。「CHEF-1」の大きな魅力の一つである“見て楽しい料理”をぜひ動画でお楽しみください。

配信と同時に勝者が判明!!

配信動画では、エリア予選の結果、次のサバイバルラウンドに進出する料理人も発表されます。「食べる人に感動を与える唯一無二のオリジナリティ」を審査基準とし、 「味」 はもちろん「地元食材の活かし方」などをもとに審査員が評価をします。果たしてその結果とは?次の選考である「サバイバルラウンド」へ駒を進めることができるのは、エリア予選に参加した15~20名の料理人の中から上位7名のみ!!動画では、エリア予選を通過する7名の順位も発表します!!勝ち抜けるのはいったい誰なのか?「サバイバルラウンド」の戦いにおいて重要な意味を持つことになる、大事なランキング発表は見逃せません。

配信スケジュール

配信はTVer(民放公式テレビポータル https://tver.jp )特設ページにて下記日程で開始します。

5月14日(土) 中国・四国エリア
5月21日(土) 東海・北陸エリア
5月28日(土) 九州・沖縄エリア
6月04日(土) 北海道・東北エリア
6月11日(土) 関東・甲信越エリア
6月18日(土) 近畿エリア

※配信開始時間はいずれもお昼12時予定です

下剋上あり!番狂わせあり!サバイバルラウンド

「ザ・プレミアム・モルツ presents CHEF-1グランプリ2022」~今後の予定~
【サバイバルラウンド(3次選考)】(夏に放送予定)

昨年の「サバイバルラウンド」からルールが変更され、今年はエリアごとに「サバイバルラウンド」を実施!各エリア予選の上位7名が対戦ごとに課題へ挑み、負けた料理人が2名ずつ脱落していくサバイバル方式で腕を競います。暫定順位が最下位の料理人が、戦いたい相手を指名。3名で料理を作り評価の低かった2名が脱落というのが「サバイバルラウンド」のルール。合計3回を戦い、勝ち残った、たった1名(関東・甲信越エリアと近畿エリアは2名)が、【全国大会】に進出します!下位からの指名により、上位の料理人が脱落する「下剋上」や指名されることを好むか敬遠するかという料理人の性格の違いなどから起きる「番狂わせ」もあるのがサバイバルラウンドの恐ろしさ。
オリジナリティ、センス、アイデア、テクニック、単純な料理の美味しさのみならず、料理人としてトータルの総合力が試される「サバイバルラウンド」!エリア代表となり、今夏に放送される【全国大会】に進むのは、誰なのか!?

【全国大会】(夏に放送予定)

「ザ・プレミアム・モルツ presents CHEF-1グランプリ2022」ABCテレビ・テレビ朝日系列で全国ネット放送
※サバイバルラウンド、全国大会の詳細は後日発表します

「CHEF-1都道府県応援芸人」が応援に!!

エリア予選では、47都道府県に住んでいる“よしもと住みます芸人”たちが料理人たちの応援に駆け付けました。各地域に住んでいるからこそわかる旬な話題や笑いの力で都道府県応援芸人として、料理人たちを強力サポート!会場で審査を終えた直後の料理人たちをねぎらい、互いに笑顔で乾杯します!!制限時間内に料理を仕上げるため調理中から集中力を切らさず、審査中も緊張が続いていた料理人たちは、住みます芸人と乾杯してホッと一息。配信動画では、住みます芸人と料理人が繰り広げる、“審査の様子”や“優勝賞金1000万円の使い道”などのトークも見どころです!乾杯では、各エリアならではの「ビールに合うおつまみ」も登場!“地元のグルメ雑誌編集者たちがおススメのおつまみ”はどんな一品なのか?エリア予選結果と併せてお楽しみください!

エリア予選を突破した42皿はどれなのか!?

エリア予選で戦った料理人は95名。課題である「地元の食材を使ったあなただからこそできる料理」全95皿の中からエリア予選を勝ち抜いた上位7名の料理が登場します!毎週紹介されるアイデアにあふれた一皿。エリアのトップ7皿は、見ているだけでお腹いっぱいになれるかも!?