CHEF-1グランプリ2022(シェフワングランプリ)

エントリー募集中 優勝賞金1000万円 うまさの未来へ、羽ばたけ。エントリー募集中 優勝賞金1000万円 うまさの未来へ、羽ばたけ。

「CHEF-1グランプリ2022」は、

世界に通用する次世代の
スター料理人を発掘します!

日本全国47都道府県、地元の誇りを背負い、
「チャンスをつかみたい!」「夢を叶えたい!」という情熱を持った若き料理人たちが、
No.1の称号を目指す次世代スター料理人頂上決戦!
前回大会「DRAGON CHEF 2021」では、日本全国から761名がエントリー!
その熾烈な戦いを勝ち抜き、優勝の栄冠に輝いたのが、北海道代表・下國伸シェフ!
そして、2022年―
「DRAGON CHEF」は、さらなる発展を目指し、「CHEF-1グランプリ」へと進化します!

CHEF-1グランプリ2022 エントリー期間

2021年12月19日(日)2022年1月31日(月)

※重複エントリー不可

開催決定!CHEF-1グランプリ2022
~集え!若き料理人たちよ~

2021年12月25日(土) 深夜1:00~1:30

【関西地区・ABCテレビローカル放送】

▼見逃し配信はこちらをクリック!▼

  • TVer

応募資格

夢と情熱を持った40歳未満の料理人

  • ※和食、洋食、中華等の料理ジャンルは問いません。
  • ※プロ・アマ、所属事務所の有無は問いません。ただし、企業、団体等に所属している場合は、所属企業、団体等の承諾を得ていること。
  • ※2022年7月31日時点で年齢が40歳未満(生年月日が1982年8月1日以降)であること。
  • ※日本在住
  • ※コミュニケーションは日本語とします。
  • ※開催する全ての審査、収録に参加できること。

エントリー方法

応募フォームに必要事項を記入の上、課題料理の情報をお送りください。

エントリー課題

「地元の食材を使った あなただからこそできる料理」

暮らしている地域、歩んできた人生など…
あなたにしか持っていないものを「料理」で表現してください!

以下の条件をすべて満たす料理のレシピであること。

  • ※材料費10,000円以内・調理時間45分以内で作れるもの(4人前の調理想定)
  • ※エントリー時に提出していただく料理写真は1人前の写真でお願いします。
  • ※材料費はご自身でご負担下さい。
  • ※和食、洋食、中華等のジャンルを問わず、応募者本人のオリジナルに限ります。
  • ※主催者が再現、出版、商品化等を行うことに支障のないもの。
  • ※3月に各エリアで行われる予選に進出された方には、課題の料理を実際に調理していただきます。

課題テーマ

地元の食材を使った あなただからこそできる料理

レギュレーション

  • ・材料費は4人前10,000円以内でお考えください。
    基本的な調味料は含みません。(下記リスト参照)
  • ・1人前一皿とします。(大皿取り分けは不可)
  • ・エントリー時に提出いただく料理写真は1人前でお願いします。
  • ・エリア予選ではこの課題レシピ4人前を制限時間、45分間で調理していただきます。
  • ・エリア予選で使用できる機材は一般的な調理道具です。(下記リスト参照)
    ※コックコート・エプロンもしくは前掛け、包丁のみ持参可

基本調味料

NO 名称
1
2 黒胡椒
3 白胡椒
4 上白糖
5 薄力粉
6 片栗粉
7 サラダ油
8 オリーブオイル(EV)
9 ごま油
10 無塩バター
11 穀物酢
12 米酢
13 黒酢
14 白ワインビネガー
15 赤ワインビネガー
16 バルサミコ
17 みりん
18 薄口しょうゆ
19 濃口しょうゆ
20 日本酒
21 生クリーム
22 牛乳
23 紹興酒
24 赤ワイン
25 白ワイン
26 ブランデー
27 シェリー酒
28 マデラ酒
29 ポルト酒
30 甜麵醬
NO 名称
31 豆板醤
32 コチジャン
33 オイスターソース
34 ハチミツ
35 パン粉
36 タバスコ
37 塩麹
38 花椒
39 山椒
40 カレーパウダー
41 ケチャップ
42 中濃ソース
43 ウスターソース
44 マヨネーズ
45 一味
46 七味
47 鷹の爪
48 柚子胡椒
49 からし(チューブ)
50 わさび(チューブ)
51 生姜(チューブ)
52 ニンニク(チューブ)
53 味噌
54 西京味噌
55 八丁味噌
56 コンソメ顆粒
57 中華鶏がらスープ
58 顆粒和風だし

基本調理道具

NO 名称 備考
1 まな板
2 菜ばし
3 お玉
4 横口レードル
5 フライ返し
6 ホイッパー
7 ピーラー
8 調理用はさみ
9 揚げ網
10 耐熱ゴムべら 大
11 耐熱ゴムべら 小
12 木べら
13 うろこひき
14 計量カップ 200cc
15 ステンレスボウル(大) 直径 20cm 程度
16 ステンレスボウル(中) 直径 15cm 程度
17 スレンレスボウル(小) 直径 10cm 程度
18 スレンレスザル(中) 直径 15cm 程度
19 ステンレスバット(中) A4サイズ
20 ステンレスバット(小) A5サイズ
21 スプーン 大
22 スプーン 小
23 フォーク
24 テーブルナイフ
25 揚げバット
26 揚げバット用網
27 フライパン テフロン 大 直径 22cm 程度
28 フライパン テフロン 小 直径 18cm 程度
29 半寸胴 直径 20cm 程度
30 半寸胴用蓋 直径 20cm 程度
31 片手鍋 直径 22cm 程度
32 片手鍋用蓋 直径 22cm 程度
33 片手鍋 直径 16cm 程度
34 片手鍋用蓋 直径 16cm 程度
35 炊飯器
36 サランラップ 大
37 サランラップ 小
38 アルミホイル
39 オーブンシート
40 キッチンペーパー
41 ふきん
42 ミキサー
43 フードプロセッサー
44 オーブン
45 サラマンダー
46 デジタルはかり
47 おろし金
48 すり鉢・すりこぎ
49 まきす
50 絞り袋
51 口金(八ツ口・丸口)
52 卵焼き器
53 バーナー
54 タコ糸
55 テフロン天板
56 シノア
57 電子レンジ
58 圧力鍋

自己PRコメント動画について(任意)

・自己紹介とエントリーする熱意を30秒以内でコメントしてください。

  • ※課題動画は、ご自身が撮影等された応募者に著作権のある動画に限ります。
  • ※課題動画に収録する音声は、参加者の声または現場音のみで構成してください。(BGM等の音楽は使用しないで下さい。)
  • ※氏名、経歴等のエントリー情報、写真、課題動画は、そのまま、もしくは加工して、主催者が、本選、決勝のテレビ放送で利用する他、期間、地域、回数の定めなく、インターネット配信、出版、ビデオグラム制作その他で利用する可能性があります。

審査方法

大会共通の審査基準

「食べる人に感動を与える唯一無二のオリジナリティ」

食べる人を楽しませ、喜ばせ、感動させるプレゼンテーション
自分が生まれ育った環境、自分が暮らしている地域を背負ったストーリー
料理の概念を覆すアイデア など
どこにでもあるもの、誰にでも作れるものではなく…
あなたにしか作れない「料理」で挑んでください!

1次選考

1次選考(都道府県予選)は、記入していただいたエントリー情報で審査を行い、各都道府県(居住地)より1名以上、合わせて約90名を選出いたします。
※現住所の都道府県でのエントリーとなります。

各都道府県から1名以上、各エリア約15名 × 6エリア約90名

(※北海道・東北、関東・甲信越、東海・北陸、近畿、中国・四国、九州・沖縄の6エリアとします)

審査員

「CHEF-1グランプリ」実行委員会のメンバーが審査いたします。
メンバーは、料理学校の講師、「CHEF-1グランプリ」制作スタッフ、ABCテレビ・テレビ朝日系列各局の担当者などです。

スケジュール

  • 都道府県予選

    2022年2月下旬

  • エリア予選

    2022年3月

  • サバイバルラウンド

    2022年4月~6月(予定)

  • 全国大会

    2022年夏(予定)

都道府県予選

2022年2月下旬(エントリー情報による審査)

※各都道府県から1名以上、各エリア約15名 × 6エリア = 約90名

エリア予選

2022年3月

  • ※エントリーの際に提出していただいたレシピ「地元の食材を使った あなただからこそできる料理」を、各エリア予選会場にて調理・試食審査(エリア分けは下記)
  • ※予選の詳細は、都道府県予選で選出された方にお知らせいたします。

日程・エリア分けはこちらをご確認ください

サバイバルラウンド

2022年4月~6月(予定)

全国大会

2022年夏(予定)

※「サバイバルラウンド」「全国大会」の詳細については、後日お知らせいたします。

エリア予選の日程
北海道・東北エリア予選(札幌会場)
3月19日(土)
関東・甲信越エリア予選(東京会場)
3月12日(土)
東海・北陸エリア予選(名古屋会場)
3月22日(火)
近畿エリア予選(大阪会場)
3月21日(月・祝)
中国・四国エリア予選(広島会場)
3月13日(日)
九州・沖縄エリア予選(博多会場)
3月14日(月)

※新型コロナウイルスの影響により、大会日程が変更になる可能性がございますので予めご了承ください。
※エリア予選以降の出場者1名分の交通費は、主催者が負担いたします。

エリア分け